あれこれ日記
「メタルダー」とは関係のない雑記です。 あまりまとめるつもりもなく、その時々の書き捨てに近いです。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
サイレント・ランニング
 BSプレミアムで初めて「サイレント・ランニング」(1972)を観ました。
 3体のドロイドがカワイイと聞いていたので興味はあったのですが、観るのは今回が初です。

 「2001年宇宙の旅」(1968)と「スター・ウォーズ」(1977)のミッシングリンクを発見した思いでした。48歳のSFファンとしては今更ですが。

 宇宙船のゴチャメカ具合とか。
 ドロイドのかわいさ具合は、R2-D2の原型といってもいいぐらいです。

 ヒューイのバッテリーボックス(?)が大型で、ヒューイは脚で立たずに、そのバッテリーボックスで接地していることが多いのが、なんかほほえましいです。なんか、大ふぐりの狸の置物然として。

 しかし、立体物には恵まれてませんよね。R2-D2やロビーみたいに。画像検索すると、スクラッチしてる方は幾人もいらっしゃいましたが。
 それだけマイナー映画だということなのか。

 ローウェルがドロイドをプログラムするのに、ファミコンカセット大のSDカードみたいなものに、顕微鏡を覗きながら回路を作成するのにも、こういう時代だったのか、という感慨があります。

 ドロイドはドローンと呼ばれています。こういうのもドローンて呼ばれるのですね。
 昨今の無人飛行体のことを、ブンブン音を立てて飛ぶ蜂のイメージからドローンと呼ぶようになったと思っていましたが。


 自然保護テーマの映画で、「2001年宇宙の旅」と同様、思索的な映画と言ってもいいと思うのですが、小説では「キャプテン・ヒューチャー」「レンズマン」といった宇宙冒険ものは既にありましたが、映像でそれができたのは「スター・ウォーズ」が初だったのだなぁと改めて思いました。


 しかし、デジタルリマスターのおかげか、BSプレミアムで観る昔の映画って、傷ひとつなくてやたらときれいですね。
 たぶん、放映当時の映画館で観るのよりもきれいなんじゃないかと思います。

 6/27放送の「ブレードランナー」も予告をやってましたが、私の印象では、もっとスチームとか酸性雨で煙ったイメージがあるのですが、やたらハッキリクッキリしていて、目を見張りました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.