あれこれ日記
「メタルダー」とは関係のない雑記です。 あまりまとめるつもりもなく、その時々の書き捨てに近いです。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロボポカリプス
ロボポカリプスロボポカリプス
(2012/12/26)
ダニエル・H・ウィルソン

商品詳細を見る
 「覚醒したAIが地球環境保全のために人類抹殺を目論む」ジャンルの最新?小説です。
 様々な人々の点描を通じて戦争とか災害の全体像を描く、いわゆるドキュメンタリー手法で書かれています。

 登場人物一覧からすると、どうも、ボスAIの支配から外れて人間側につくロボット兵士が出てきそうで、ロボ者としては、そこも期待点だったのですが、ストーリー的には、人間対自動地雷とか自動殺戮兵器の戦いに終始していて、なんか、自我ロボットが出てきそうな展開じゃなかったのですが、クライマックス直前で、人間側に加担する自我ロボットが登場します。
 そういうのが好きな者としては、そこから一層楽しくなるわけですが、とはいえ、それまでの人間兵士の主役がちょっと脇に退いてしまったような(一冊の小説の途中で主役が変わったみたいな)居心地の悪さはありますね。推理ものにおいて真犯人が後の方でようやく登場するようなアンフェアさというか。なんか変な感じ。

 私も「メタルダー2000」「ヒーローがいっぱい」といった同テーマの創作をしているので、似たような部分にニヤリとしたり、同種アイデアのまた違った料理の仕方に感心したりしながら、読みました。

 訳者あとがきによれば、スピルバーグ監督により映画化されるそうで、アメリカでは2014年4月公開予定だそうです。
 「宇宙戦争」「アイ,ロボット」を足して、「クローバーフィールド」みたいに撮った感じになるんでしょうか。
 ボスAI・アーコスのホログラム少年は、2000年前後なら、ハーレイ・ジョエル・オスメントなんだけど。
 こちらも楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ:SF小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
ロボポカリプス
初めまして、こんにちは。最後はどうやってロボットを倒したんですか?
2013/07/05(金) 19:58:21 | URL | agmon #-[ 編集]
 こんばんは。
 興味がおありでしたら、読んでいただけるとうれしいです。って、感じですが。

 まぁ、Amazonのカスタマーレビューも1件しかないし、wikipediaにも項目がないし、個人ブログの感想を覗いても、わざわざ結末を書かれているようなのは見当たらないし、正直、いきなり結末教えてくれって何なの? って気もしますが、まぁ、書いてみます。
 私も図書館で借りてひととおり読んだだけでのあいまいな記憶しかありませんが。

 ラスボスAI・アーコスは、人々の前に現れるときは、ホログラフで少年の姿を見せますが、本体は巨大なコンピューターシステムで、放射能汚染されて人間が近づけない、アラスカの核物質廃棄施設の地下深くに設置されています。
 個人的な印象では、『スターウォーズ6』のデススターの反応炉みたいな感じ。硬い岩盤の広間みたいなところに銀色の球体が設置されているような。

 そこに、中途から登場した 人間側に味方するロボット兵士が乗り込んで、銃器やら爆薬やらでアーコスの本体を破壊するという。そんな感じでした。たぶん。
 アーコスを破壊するのが先か、各地で窮地に追いやられている人類が滅ぶのが先か、という緊迫感はあるものの、コンピューターウィルスとか超兵器とか、そんなのはなかったですね。けっこう、地味と言えば地味(^_^;

 あと、スピルバーグ監督による映画化は延期されたそうで、残念です。
2013/07/06(土) 23:10:20 | URL | こにしのぶお #OT33xCDU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。