あれこれ日記
「メタルダー」とは関係のない雑記です。 あまりまとめるつもりもなく、その時々の書き捨てに近いです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3Dプリント
 うちの弟は、ワンフェスにディーラー参加したりもするモデラーなんですが、最近、3DCGを3Dプリントした製品を見かけるようになって、出来もけっこういいそうで、3DCGに興味を持ってるようです。
 私自身は多少3DCGをたしなんではいますが、どういう製品が出品されているのか知らないので、直線の多いメカならいいけれど、曲面はポリゴンのままカクカクしたものになるのでヤスってなめらかにしないといけないようなものだろうし、ハイエンドな3DCGソフトやきちんとしたCADソフトでないと3Dプリント用の製図はできないだろうと、3Dプリントについては縁遠く思っていました。

 ところが、私がいま使ってる、機能制限付き無償の安価なシェアソフトでも3Dプリントできると知って驚きました。同時に、3Dプリントに俄然興味が出て、疑問点を3Dプリント業者のi.materialise社にうかがってみました。
 3DCGの制作で、私は、「メタセコイア」でモデリング(造形)して「DOGA」でレンダリング(撮影)しています。両方とも、機能制限付き無償で使える、安価なシェアソフトです。

metaseq.net モデリングソフトMetasequoiaのサイト
PROJECT TEAM DoGA 3DCGアニメーションソフトDOGAのサイト

 その「DOGA」のサイトで、DOGAでデータ出力して3Dプリントしたモデルの記事がありました。
3Dprint_red1
 DOGAから3Dプリントできるんだ! と驚いて、特に詳しい制作記はなかったので、いろいろな疑問点を3Dプリント屋のi.materialise (アイ・マテリアライズ)社に問い合わせました。

i.materialise日本語コミュニケーションサイト


■質問1.
 大きなパーツに小さいパーツが付いている場合など、3DCGでは、パーツどうしを重ね合わせるだけで、見かけの上は表現できますが、製図的にパーツどうしの接線を指定しなくても問題ないのでしょうか。
重ねるだけでOK?

回答:
 それで問題ないとのこと。最終的に造形機に送る3次元形状モデルデータは図2の状態でなければならないが、それは先方のソフトが自動的に接線を割り出してくれるようです。


■質問2.
 パーツは必ず閉じた箱でなければいけないでしょうか。物理的厚みを持たないポリゴン1枚で表現したような箇所も作りがちなのですが、不能データになりそうな気がします。
釣鐘

回答:
 そのような部分のあるモデルデータには、先方のソフトが±0.5mmの厚みを自動的に付与して矛盾を解消してくれるようです。±0.5mmというのは、材質強度的に最低厚み1mmと設定しているところからきているようです。
 ただ、ポリゴン1枚部分のみ厚みが出るのではなくて、そういう部分を持つデータは全ポリゴンに0.5mmの厚みが加わるとのこと。全体的に0.5mm太るということ。
ポリ1枚は?

 このように、i.materialise社では、精確な製図をユーザー側がしなくても、とりあえず立体化できる用意があるようです。
 おかげで、私でもなんとかなりそうと思えます。


■質問3.
 3DCGだと、例えば、12角柱くらいでも面の法線角の丸め込みで円柱に見せかけられますが、そういうソフト上の丸め込みも反映されるのでしょうか。

回答:レンダリング上の丸めは反映されません。あくまでポリゴンの形状でプリントされます。
ポリのまま

 直線的なメカはともかく、曲面はポリゴンどおりのカクカクした立体にしかならないで、後でヤスリがけしないと欲しい曲面は得られないようですね。
 モデリング後、自動的に分割させてポリゴンを増やすとか多少は調整できますが、どうしてもカクカク感は残りそう?


■質問4.
 バンプマッピングによる材質感やすじ彫りは反映されますか。

回答:バンプマッピングは反映されません。あくまで2次元の画像として表現したものをテクスチャマッピングしてください。

 出来た立体モデルには、テクスチャマッピングに従った立体印刷(塗装)はできるようです。
パネルラインなどは塗装してもらえば、それをガイドに彫れば楽そう?


 感触としては、メカ物はかなり有用そうですが、美少女フィギュアなどは原型の原型レベルかな? という感じですね。
 これは3Dプリンティングの問題ではなくて、3DCGをモニターで見ながら作るのと、実際に手を使って作ることの差ですが。作っているうちに頭が大きくなってしまって一からやり直し、とかが3DCGでは簡単に修正が利く一方で、指の表情とか膝頭とか服のしわとかは3DCGでは扱いきれないと思うし。

 あと、値段が1/144のガンプラサイズで3万円くらいするみたいですね。
 よほど実物で手にしてみたいか、ワンフェス製品の原型用でもないと手を出しにくいような気はします。
 それでも、中高生の頃、スクラッチビルドで作ろうとして果たせなかったアニメロボのモデルを作ってみたい気持ちもあったりします。
スポンサーサイト

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。