あれこれ日記
「メタルダー」とは関係のない雑記です。 あまりまとめるつもりもなく、その時々の書き捨てに近いです。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
志方の城山
 志方の城山(標高270m)、登ってきました。リュックに6kg。
 快晴。気温は18,9℃、20℃手前くらい? Tシャツ、ジャージにジャケット羽織ってましたが、ジャケットは途中で脱ぎました。
 さすがに遠いので、自転車で行きました。(歩いたら、片道4時間くらいか)
 水分は、ポカリ500ml程度で済みました。
 山登りそのものは、そんなに面白くはありませんでした。見晴らしはいいんですが、平地から奥まったところにあるので、山が続いてるだけみたいな。低くても、日岡山や前行った八幡町の城山の方が、平地に近い分、日頃の町並みを見渡せて楽しいですね。
 興味のあったパラグライダー基地も、山の上の方にあって、崖っぷちから下の田畑に向かって飛び立つような場所を想像していたのですが、実際には、登山口近くの竹林に囲まれた狭くなだらかな斜面で、パラグライダーを起こして滑空の練習が少し出来るような所だったので、ちょっと拍子抜けでした。
 山頂でお弁当。メジロが群れでいて驚きました。野鳥は多いみたいで、いろいろと声がしてました。

 とりあえず山道の上り下りの練習です。
 今日はストックを1本持っていきました。
 階段状になっている所は、足を大きく上げないといけないので太ももがつらいのですが、ストックを使うとかなり楽ですね。下り方も体得しました。ストックいいです。
 でもまぁ、日頃から、足にウェイト巻いて、もも上げの鍛錬しようと思いました。あと、スクワット姿勢の維持とか(下りの時)。

 あと、今回の課題。靴下。
 やっぱり爪先痛くなった。もっとクッション性のいい、冬に履くようなもこもこの靴下でないといかんのかな。富士登山は夏なので、暑すぎじゃないかと思ったりしますが。
 登山家は、普通の靴下を履いた上に登山用の分厚い靴下を履くようなので、そのくらいでないといかんのかな。


◆追記(101107)
 後で「加古川パラグライダークラブ」のサイトを覗いてみたら、山頂近くから飛び出す崖っぷちのテイクオフ場もあるようですね。山頂のあたりも歩き回ってみたのですが、分かりませんでした。

スポンサーサイト

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
登山の練習をなさってたんですね。
そちらの近場だと、加古川と高砂の間にある高御位(たかみくら)山なんかどうでしょうか?
300メートルぐらいの低い山なんですけど、昔は修験者の行場だったので、けっこう練習になると思いますよ。
加古川側の登山口からがっちり石段が続き、山頂から高砂の鹿島神社に抜けると、きつい岩場のアップダウンもあります。
山頂から海側への眺めが良くて、お弁当に良いですし、鹿島神社の近くでは柏餅なんかも食べられるはずなので、お勧めです。
2010/11/28(日) 23:16:40 | URL | 九郎 #-[ 編集]
 九郎さん、こんばんは。
 実は、高御位山はけっこう登ってます。数年前までは、毎年1回は登ってたような? なんか、仕事にうんざりして気分転換してみたくなったときとかに行っていたような気がします。
 平地にいきなり岩山が飛び出しているような、低いわりに山の上の方の険しい雰囲気のある山ですよね。岩肌に鎖を張ってあるところもありますし。

 実は、高御位山、大晦日の晩(新年の夜明け前)に登ろうと思っています。
 夏の富士山も、山頂付近はこの辺の冬くらいの気温だというので、富士登山時の服装でどんなものか試そうと思います。ヘッドライト付けて、夜登山の練習。
 普通の日に夜登山したら怪しまれそうですが、この日なら、新年のご来光を拝もうとする人がわりと登ってるみたいですからね。ふもとの鹿島神社では夜中から大渋滞ですし。

 でも、ジャージにベスト、その上にレインウェアだけって、どう考えても寒い気がします(^_^; 富士登山関連のサイトを見ても、登山中は体を動かしているので大丈夫らしいですが、山頂付近でご来光を待っている間は震えて待つしかないとか、そういうもんみたいです。なんか、富士登山て、登るほどどんどん寒くなるので服ばっかり背負っていって、登るにつれて着込んでいくような感じですね。
2010/11/29(月) 23:33:06 | URL | こにしのぶお #yZ/Rs1eM[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.