あれこれ日記
「メタルダー」とは関係のない雑記です。 あまりまとめるつもりもなく、その時々の書き捨てに近いです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あいかわらず歩いてます
 富士登山に向けての体力つくりというか、あいかわらず歩いてます。
 先週の日曜日(10/10)ですが、5時間ほど歩きました。
 リュックに6kg分の重りとアクエリアス2L。今回は1L程度の消費。それなりに涼しくなっているようです。長袖のジャージ。
 足のマメ対策に、足裏にスポーツテーピング用のテープを貼りました。マメができるのって、皮膚と靴下との摩擦でできるらしいので。
 右足は大丈夫でしたが、かかとの上の方にちょっとマメができました。左足は、前のマメも治りきってなかったのか、ちょっとグニュグニュしました。
 左利きなんですが、どうも左足に負担をかけているみたいですね。
 あとで気付いたのですが、どうも、左足のマメは、前に出来たマメが大きすぎて、中の水が体内に吸収されなくて、いつまでも水がたまったままになってるみたいでした。穴を開けて水を出してやると、乾いて堅くなりました(右足のは、自然とぺたんとなって乾いてました)。

 前回9/19、加古川大堰あたりまで歩いたわけですが、地図を見るとその付近に「城山」というのがあって、ネットで見てみると、標高270m程度の山でパラグライダー基地もあるようなので、今回はそこを登ってみようと思いました。

 で、実際に加古川大堰付近の「城山」について、山の上に水道の施設があるらしく車道がついていて、それを登っていきました。わりとすぐに着いた山頂には祠がありました。北側の見晴らしはすごく良かったです。パラグライダー基地ってどんなのかと楽しみにしてたのですが、それらしいのが見当たらなくて不思議に思いましたが、とりあえず下りました。

 山を下りるのも難しいですね。ていうか、下りの方が辛い。
 爪先から着地しがちになって、靴の中で足が前のめりに動いて爪先を痛めそうになるし、なんか意外と制動が難しいです。後ろ向きになって下りる方が楽というか。
 調べてみると、下りる時は爪先からの着地が正しいようですね。ドスンと着地しないよう、いかに軸足に残した体重をゆっくりと移動させるかが問題というか。スクワットで太ももの筋肉を鍛えねば、という感じです。

 で、とりあえず下りて、山の周りを歩いていると、山頂へ直通の半壊して崖になったような石段の入り口を見つけました。そこの看板には「標高85m」と出ていて、270mにしたら簡単に登れたと思ったけれど85mだったんだ、と思いました。
 ついでなので、その半分崖みたいな石段を登ってみました。これがけっこうきつくて、心臓破りというか、山頂に着く頃には、息も絶え絶えで気が遠くなりかけました。
 下りも石段を下りましたが、けっこう大変でした。

 平地でいくら歩けても、山の上り下りってまた全然違いますね。こんなんで、富士登山大丈夫かいなと不安になってきました。
 富士登山は、太平洋というか駿河湾を見渡せる富士宮口ルートで行きたいと思ってますが、富士宮ルートは登山下山道が同じで、下りはちょっと不安ですね。他のルートは、登山道と下山道が分かれていて、下山道は、山小屋への資材運搬用のキャタピラ車が通れる比較的なだらかな砂利道になってるようなんですが。
 調べてみると、登り富士宮口ルートで、下り河口湖口ルートのツアーって、わりとあるようですね。ちょっと安堵。砂走りズザザザァってやってみたいですし(^_^;

 で、話はまた、10/10の歩きの話に戻るのですが、いろいろな神社で秋祭りをやってました。
 獅子舞をやってるところや、境内でカラオケ大会やってるところや、日岡神社では神主が馬に乗って、子ども武者やらと行列を作ってました。

 ところで、城山のことなんですが、中世に山城があった山にそういう名前が付いていることが多いらしく、全国的に城山ってあるんですね。
 で、加古川市には2つ城山があるようで、標高270mでパラグライダーができるのは志方町の城山で、私が登ったのは八幡町の城山でした。地図を確かめると、なるほど、山の奥のほうにも城山がありました。ていうか、志方の城山の方が、メジャーみたいです(^_^;
 そちらの方も、また今度登ってみたいと思います。今度は、ストックを使って下山の仕方を練習しようと思います。まぁ、そんなハイキングコースみたいな山でストック使う人いないと思いますが(^_^;
スポンサーサイト

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。