あれこれ日記
「メタルダー」とは関係のない雑記です。 あまりまとめるつもりもなく、その時々の書き捨てに近いです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
藤田和日郎「月光条例」
 「ホンノバケモノ」についての話です。
 (『ホンノバケモノ』って何? という方は、10/03/28の記事をご参照ください)

 物語そのものについての小説・本に関する小説・小説を題材にした小説っていうジャンルがあると思うのですが、「ホンノバケモノ」も、そのひとつとして関心を持っています。(“特撮ヒーローもの”という軸では、あまり捉えていません)

 そのジャンルに属すると思われる本で、私が近年読んだり、名前だけ知ってるというのを挙げてみますと。

○宮部みゆき「英雄の書」
 紡がれ消えていく物語の源泉である歯車の描写とか、書物が個性あるキャラクターとして登場するのが印象に残ってます。

○桐生祐狩「小説探偵GEDO」
 寝ることで小説世界にダイブできる探偵が主役。小説にハマって帰ってこない読者を探しにいったり、複雑な伏線に絡まって身動きできなくなった作者を助けたり、するような話だったと思う。

 アニメにもなったラノベ系だと、
○有川浩「図書館戦争」
 本読みの本への愛情のこもった作品らしい。ラブコメでもあるらしい。

○山形石雄「戦う司書」
 特に書物とは関係ないかもしれないけれど、人は死ぬと、その人の人生を記した石板になる世界の話。その石板を本とよんで、図書館に収めているのが印象的。

○野村美月「文学少女」
 小説を食べて暮らしている少女の話。ラブレターは甘いおかし。
 古典的名作が、ストーリーのキーとして扱われる。

 こういうジャンルの中で、「ホンノバケモノ」でどういうことができるかな、と考えていたのですが、つい先日、極めて「ホンノバケモノ」に近い作品を漫画で見つけました。

 それが、藤田和日郎「月光条例」です。

 とりあえず1巻目しか読んでませんが。
 「蒼き月光を浴びた童話のキャラクターが化物となって人間界に出て来ては暴れる」話です。現代日本を舞台にしたアクションものですしね。藤田和日郎らしい熱血展開が熱いです!

 違うといえば違うけれど、こうも近い雰囲気をもった優れた先行作品が直近(というか、2008年第17号(3月末か4月初め?)連載開始で連載中のようですしね)にあることが分かって、参ったなぁと思いました。

 まぁ、でも、実写で、雨宮美術が入ると、また全然別物になるだろうとは思いますが。


 それにしても、これまで、「ホンノバケモノ」と「月光条例」との類似性へのツッコミってなかったんでしょうか。
 「宇宙船」読者と「週刊少年サンデー」読者って重なってないのかな?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。