あれこれ日記
「メタルダー」とは関係のない雑記です。 あまりまとめるつもりもなく、その時々の書き捨てに近いです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第7回アニマックス大賞受賞作品「書家」
 あいかわらずタイトルから外れた出だしをします。

 ホビージャパン社からの刊行でvol.120より再出発した「宇宙船」誌ですが、「宇宙船映像倶楽部」という、雨宮慶太監督を部長に迎え、読者からアイデアを募集して映像化企画を進めるコーナーがあります。
 vol.121で吉永匠さんの発案が採用され、現在 第一課題として扱われている映像化企画が、「ホンノバケモノ」です。
 私は、vol.125以降 募集されたシナリオ課題から興味が出て、応募しています。いまのところ、採用されてませんが。

 今回は、これに関する記事です。

 第7回アニマックス大賞受賞作品「書家」がアニメ化されて3/27に放送されました。
 タイトルがずばり「書家」なんですが、江戸を舞台に、秘術「画仙道術」の遣い手たちが、絵や文字のイメージを実体化させた「画獣」を使って戦うアクションものです。
 この画獣や和紙の武具としての使い方が、もろ、これまで「宇宙船」誌上で発表されてきた「ホンノバケモノ」のイメージと重なって、参りました。
 和紙武具の、たもとから取り出した巻物が巨大化してバリアになったりドリルになったり大太刀になったり、アニメらしい自在さがすごかった。

 「こんな立派な画獣を斬らなきゃならんねぇのかよ。すまねぇ」という主人公・墨屋紙朗が敵の画獣を倒す際の言葉に表れる敬意の具合も、シオリ★の本に対する気持ちに近いものが感じられて、やられた感があります。

 vol.121(08年夏号)で企画案が発表されたときは新鮮でしたが季刊誌で展開しているため、「ホンノバケモノ」、筆文字がメインビジュアルになるドラマとして、どんどん後発になっている不安はありますね。
 ちなみに、第7回アニマックス大賞の締め切りは08年5月末でした。同時期に発案された同様案なので、一方は実際に形になってうらやましい感じがします。
 まぁ、こちらも、「朗読でバケモノを倒す」という、どう映像化したものかよく分からない新しさがまだあるんで、どうにか形になってほしいものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。