あれこれ日記
「メタルダー」とは関係のない雑記です。 あまりまとめるつもりもなく、その時々の書き捨てに近いです。
201301<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201303
ロボポカリプス
ロボポカリプスロボポカリプス
(2012/12/26)
ダニエル・H・ウィルソン

商品詳細を見る
 「覚醒したAIが地球環境保全のために人類抹殺を目論む」ジャンルの最新?小説です。
 様々な人々の点描を通じて戦争とか災害の全体像を描く、いわゆるドキュメンタリー手法で書かれています。

 登場人物一覧からすると、どうも、ボスAIの支配から外れて人間側につくロボット兵士が出てきそうで、ロボ者としては、そこも期待点だったのですが、ストーリー的には、人間対自動地雷とか自動殺戮兵器の戦いに終始していて、なんか、自我ロボットが出てきそうな展開じゃなかったのですが、クライマックス直前で、人間側に加担する自我ロボットが登場します。
 そういうのが好きな者としては、そこから一層楽しくなるわけですが、とはいえ、それまでの人間兵士の主役がちょっと脇に退いてしまったような(一冊の小説の途中で主役が変わったみたいな)居心地の悪さはありますね。推理ものにおいて真犯人が後の方でようやく登場するようなアンフェアさというか。なんか変な感じ。

 私も「メタルダー2000」「ヒーローがいっぱい」といった同テーマの創作をしているので、似たような部分にニヤリとしたり、同種アイデアのまた違った料理の仕方に感心したりしながら、読みました。

 訳者あとがきによれば、スピルバーグ監督により映画化されるそうで、アメリカでは2014年4月公開予定だそうです。
 「宇宙戦争」「アイ,ロボット」を足して、「クローバーフィールド」みたいに撮った感じになるんでしょうか。
 ボスAI・アーコスのホログラム少年は、2000年前後なら、ハーレイ・ジョエル・オスメントなんだけど。
 こちらも楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ:SF小説 - ジャンル:小説・文学

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.