あれこれ日記
「メタルダー」とは関係のない雑記です。 あまりまとめるつもりもなく、その時々の書き捨てに近いです。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3DCGメタルダーヘッド その2
メタ2正面
 まだ大雑把ですが、基本は出来ました。
 できてしまいました。…………でも、あまりメタルダーらしくない。

メタ2ドラ
 青い方をくっつけると、8頭身ドラえもんみたいに(^_^;
 やはり、メカ部分を描きこまないとメタルダーらしくならんのか! と恐れおののいてます。
 細かい部品はマッピングで表現するとして、それはそれで大変ですが、主な溝くらいはポリゴンで作りたい気はしていますが……。
 暇つぶしにパズルをやるように、ポリゴンをちまちまと並べてきましたが、これからのディテール地獄を思うと、ちょっとうんざりです。
 ……たぶん、これにて放置かと。もともと暇つぶし感覚だったし。

メタ2解説
 この左右の頭蓋の曲率の違いって、けっこうポイントだと思うのですが、これまで出たメタルダーのフィギュアって、左右同形の円弧なんですよね。
 まぁ、微妙なところかもしれませんが、こだわりポイントです。

メタ2眉
 左右でのこの眉(?)のはねの違いは、戦闘用の青い側、人間的な赤い側という設定を表してると思います。設定のデザインへの落とし込みという観点で、興味深い部分です。

スポンサーサイト
こんなん作ってます
メタ3D正面
 メタルダー だ

 もともとは、あおりとか、作画参考用に人の顔を作っていました。
人顔3D正面

 特定のキャラとか明確なイメージもなく作ってたのですが、どうにも不気味の谷を越えられなくて、投げていました。
 2000年代初めの3DCG教本の作例の中には、なんだかなぁな感じの女性3Dモデルもあったりしたのですが、実際に作ってみると、なかなか難しいものですね(^_^;
人顔3Dアングル

 まぁ、あおりとか、作画参考にはなってくれてます。
 最近のデジタルコミック画材だと、3Dポーズ人形とか入ってるそうですね。
 なんなら、学校の背景セットみたいなのもあって、机やイスみたいな大量にパースを取って描かなきゃならんものも、3Dモデルで用意されてたりするみたいですね?

 とはいえ、せっかく人間の頭を作ったんだから、なにか形にしたい気持ちもあって、承太郎とかケンシロウとかも考えたんですが、やはり人間は面倒臭そうだったので、ヒマつぶし程度の気持ちだし、個人的に思い入れがあって、作って楽しそうな人面キャラって何かといえば、これはもうメタルダーしかない(^_^;

 でも、唇まわり以外、人面からの作り直しよりも球から作った方が早かった気がします(^_^;

 資料の写真絵本を見ながら、こうなっているからこう見えるんだ、のような発見がいろいろとあって、久しぶりに模型制作的な楽しさを味わいました。
 振り返れば、メタルダーとまともに向き合ったのって、これが初めてかも。
 メタルダーって絶妙にハンサムだし、人顔だけあって、人間キャラよりはマシだったと思いますが、なかなかに手こずりました。

メタ3Dアングル

 現時点でも、作画参考モデルとしては、充分です。これでどんな角度からでもメタルダーを描けるゾ! て、特に描く機会はありませんが(^_^;

 左側はだいたいできたので、右側を作ります。


 関連して見つけた動画
 コスプレのメタルダーヘッド制作動画
 右側頭蓋のメカ部分、凹凸逆にウレタン板を貼ってるので、なんで逆ディテール? と思っていたら、こういう作り方をするのかと、驚きました。
https://www.youtube.com/watch?v=yOJw-Yn0WA8

 3DCGのメタルダーもあった
https://www.youtube.com/watch?v=WRBIY5CXAzw
ヒトデムラサキREBOOT
ヒトデムラサキ

 ヒトデムラサキです。
 ヒトデムラサキ好きなんで、以前もリメイクものを描きましたが

ヒトデアクセサリー

アクセサリー雑貨のヒトデの干物(?)にインスパイアされて(画像は拾い物)、描いてみました。

 ……出来上がってみると、なんか、ただのヒトデですね(^_^;


 以下、リブート物、ついで語り。

 『銀河英雄伝説』の再アニメ化の噂も聞きます。
 『ヤマト2199』『鉄血のオルフェンズ』の3DCG+手書き処理の艦船や艦隊戦の具合を観ると、その点は期待感はあります。

ジム・バーンズのタキオン駆動船


 イラストは、『宇宙画の150年史』(河出書房新社2015)で紹介されていたジム・バーンズのタキオン駆動船です。ブリュンヒルトは、このくらい優美にアレンジしてほしいですね。


 あと、12年2月頃に松本潤主役で『ジョジョ』実写化が噂されていましたが、実現したようですね。松本潤は関係ないようですが。

 キャストは、承太郎が伊勢谷友介ですが、個人的には伊勢谷は露伴先生のイメージかな。承太郎は伊藤英明あたり?
 康一が神木君てのもイケメンすぎる(^_^; 仗助は東出昌大とか

 まだキャストは上がっていないけれど、
 吉良吉影:北村一樹、川尻浩作:沢村一樹
なんてのを期待してます。

 
「ガンダムユニコーン RE:0096」
 「ガンダムユニコーン RE:0096」が最終回を迎えました。

 「ガンダム」タイトルというだけで、だらだら観つづけているだけでしたが、最終回前・第21話で、

 ああ、この作品って、ごたごたを繰りかえす地球人とスペースノイドを、第三極の人造種たる強化人間が正しく導こうとする話なんだ

と気付いて、アンドロイドもの好きとしては、がぜん面白くなってきました。

 アンドロイドが愚かな争いを繰り返す人類を正しく導こうと「統一された大きな物語」で人間を支配しようとするが、「人間の可能性が!」とか当の人間に反抗されて折れるタイプの物語。
 ……なんか、「仮面ライダー ゴースト」も同種かも。

 シャアの人格を植えつけられた自分を衝動させるのは何なのか。自分を生み出した組織は自分に何をさせようとしたのか。自分の意志は奈辺にあるのか。
といったことをフロンタルがふと漏らすところで、気持ちを持っていかれました(^_^;


 この観点から番組を振り返ると、序盤あたりで、フロンタルがやたらとシャアっぽいセリフを吐くのも、「ああ、この人の頭ン中には『シャア名セリフ集』しか入ってないんだな」と悲しみを覚えます。
 シャアを英雄視してるのか、ミネバ殿下がフロンタルには冷たいぽいのも、フロンタルをシャアの劣化コピーみたいに思ってるぽく感じて、悲しみを覚えます。

 ミネバ殿下よりマリーダさんの方がヒロイン度高かったり。
 アンドロイドものとして見ると、個人的には面白みのある作品であったことが分かりました。

 *  *  *

 「ユニコーン」は「逆襲のシャア」と「F91」の間の物語ですが、まず、モビルスーツデザインが、その発展の仕方をよく表現していて、さすがカトキだな、と思っていました。

 フロンタルのマスクは、ずいぶんオッサンくさい雰囲気で好きではなかったのですが、これも、「F91」の鉄仮面に続くものとしてデザインされているのかもしれませんね。強化人間による世界支配というテーマ部分でもつながってるような。

 各陣営の名家による世界支配の面が取り上げられているのも、「F91」への流れを捉えているような気もします。

 いろいろとよくできたファン創作だなと、感じます。
 「スターウォーズ EP.7」「シン・ゴジラ」とか、最近、よくできたファン創作を商業作品として目にします。

 *  *  *

 あと、第21話では、時を遡る、アクシズ落下からめぐりあい宇宙へのシーンが、おっさん的にグッときました。
 音楽的にも。「BEYOND THE TIME」から「めぐりあい」へのメドレーかと思いましたが、「めぐりあい」のみモチーフなのかな。

 個人的に、「ああ、アムロはここで死んだんだ」と、ようやく納得することができました。

テーマ:機動戦士ガンダムUC - ジャンル:アニメ・コミック

キカイダー REBOOT
 映画の日に、『キカイダー REBOOT』を観てきました。
 2ちゃんのスレとかでは否定的な意見が多かったので、どうかな? と思いましたが、個人的には、まぁまぁ面白かったです。アンドロイドものとして及第点というか。悪くはない感じでした。

 それにしても、観客層がみごとに4,50代のおっさんか、その年代のお父さんと小学生の男の子しかいなかったのはビックリです。2,30代の若い奴イネー(^_^; 

 ついで語りですが、姫路城の修復が終わって、工事用の囲いがだいたい外されてました。壁も白ければ、屋根も瓦の継ぎ目をしっくいで固めているためかなり白っぽく、これぞまさしく白鷲城! と感嘆しました。

 予告でやってたCGアニメの『聖闘士星矢』も面白そうですね。『ヤマト』なんかもそうですが、黄金聖闘士編って、キャラ立ちもいいんで、何度もアニメ化されても、楽しめそうですね。派手なCGバトルをぼんやり眺める分には、十分楽しそうです。


 以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む

テーマ:特撮・戦隊・ヒーロー - ジャンル:映画

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。